いご昭二

いご昭二(いご しょうじ)
1954年 岐阜県土岐市生まれ。
手塚治虫に憧れ、10歳の頃よりストーリー漫画を描き始める。
20歳のとき、ラジオで古今亭志ん生の『三枚起請』と桂文楽の
『船徳』を聴いて、落語の面白さに目覚める。
1979年 愛知大学法経学部を卒業。名古屋市内の印刷会社に勤める。
1981年 退職して上京。イラストレーターの助手を2年間続けたのち
フリーとして出発。
イラスト、カット、似顔絵、1コマ漫画、パズル制作と幅広く活動。
また年に数度、似顔絵イベントに参加。
2011年放送のNHKドラマ『TAROの塔』で、岡本一平が描くコマ
漫画の監修を勤める。
主な仕事先:学研、野村證券、東京中日スポーツ、学芸通信社、
夕刊フジ、PHP文庫など。
東京都文京区在住。
好きなもの:落語、浮世絵、歴史小説、江戸文化、昔の日本映画。
日本漫画家協会 日本漫画の会 似顔絵集団 J-MACの会
国際浮世絵学会 江戸東京博物館友の会
広告

コメント / トラックバック1件

  1. […] ・いご昭二(似顔絵・イラスト)※スタッフ ・ちばけいすけ(似顔絵)※スタッフ ・佐々木知子(似顔絵)※スタッフ ・なかむら治彦(4コマ・イラスト)※スタッフ […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。